童貞完全卒業!相手は5歳年上で…な、お話

恥ずかしながら、27歳まで童貞でした。
厳密には素人童貞で、性行為自体大学四年のときに経験。
川崎のお風呂で、相手は石原さとみにちょっと似ている綺麗なお姉さまでした。
その後新卒で、営業で就職して、一回転職して総務職に就いていて、正社員なので当時は安定していたのと、仕事が比較的楽だったので時間に余裕があったので、母から「婚活してみてはどうかい?」と提案がありました。
そこで、某大手検索サイトの出会いサービスに登録し、婚活をしてみることに。
ひと月ほど経って、一人の女性と頻繁にやり取りをすることになりました。
5歳年上で、公務員ですがちょっと特殊な職業に就いているとのこと。
そして、なんと向こうから会いたいとコンタクトしてきて、会ってみることに。
初めて彼女になるかもしれない相手、ドキドキです…ルックスはちょっと残念な感じでした。
結局お互いに雰囲気はいいので付き合うことになり、その次の週に居酒屋でお互い酔っていい雰囲気になり、ホテルにベッドイン。
苦節27年、ついに完全な大人になりました(笑)ただ自分の好みのルックスではなかったので、あまり燃えなかったかな…その後その相手とは3年近く付き合いました。
恋愛経験は人を成長させますね。
今はフリーですがちょっと気になる相手がいるので、クリスマスの予定でも聞いて誘ってみようかというところです。

中学生での初体験での初失敗で終わってしまった恋愛

私は中学二年生のころ初めての彼女ができました。
最初は手をつなぐだけで満たされていた心がだんだんとキスしたい、を触りたいなどと思うようになってきました。
お互いに思春期だったものでその段階を登っていくのとたもはやく親がいないから遊びに来てと言われた日があったのですが、先輩に相談しコンドームを貰いポケットに入れて彼女家に行きました。
最初は他愛もない話をしていましたが嫌な沈黙の後2人はベットの上で初めてのディープキスをしました。
その頃私のモノは過去最大に大きくなっていてそれに気づいだ彼女エッチしてみる?と声をかけてきたのです。
リードされて少々恥ずかしい気持ちでしたが無我夢中でおっぱいを揉みました。
中学生にしてはかなり発達していた方でしたのですぐに興奮はマックスに、うまくつけれないコンドームをなんとか付けて実際に挿入、彼女はバレー部で激しい運動をしていたため処女膜はなく痛みも感じていないようでした。
一方の私はあまりの気持ちよさに五分も耐えられずにいってしまいました。
そこで抜いたところにうまく装着できてなかったのか少し漏れてしまいました。
それから1ヶ月生理が来るまで夜も眠れませんでしたが子供ができることはなく、それからはお互いに怖くなってしまいエッチをすることはないまま別れてしまいました。
あの時もっとちゃんと付けていれればと後悔しています。

公開日: